2019年11月29日

錯視入門「3Dアート」

 3年生の美術科の学習において、会津大学短期大学部との教育連携事業を実施しました。この日は、産業情報学科デザイン情報コース准教授の橋延昌様を講師にお招きし、鉛筆で陰影を描き、切り抜くだけで平面な絵が立体的に見える錯視を体験しました。

DSCN0552-1.jpg

DSCN0575-1.jpg
まずは球体の錯視アートに取り組む田村さん。陰影のグラデーションが絶妙に描かれております。

DSCN0579-1.jpg
球体が宙に浮いています!

DSCN0583-1.jpg
コツをつかんだ田村さん、2つめのアートに挑戦しています。今度は立方体です。

DSCN0591-1.jpg
光の当たる方向とそれぞれの面の明るさをイメージしながら陰影をつけていきます。見事な作品です。
posted by 大熊中 at 12:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

夢=生きるチカラ

 昨日、スポーツこころのプロジェクト「笑顔の教室」が開催され、大熊中学校に夢先生が来てくださいました。夢先生は、フェンシングの日本代表として、2004年のアテネオリンピックと2008年の北京オリンピックに2大会連続で出場した池田(旧姓原田)めぐみ様です。
 フェンシング競技には、「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目があり、使用する剣やルールがそれぞれ異なります。初めて見る剣やマスク、ジャケット(胴衣)に興味が高まります。
 「笑顔の教室」の前半は、ボールを使ったゲームを通して、お互いの緊張をほぐしながら、仲間と協力することの大切さについて再確認しました。後半は、池田先生のトークタイムです。池田先生の豊かな表情や巧みな話術に、生徒も教職員も知らず知らずのうちに引き込まれていきます。池田先生が幼稚園時代から現在に至るまでには、つらい経験や挫折を味わうことが何度もあり、そのたびに悩み、心が折れたこともありました。しかし、今の自分があるのは、「くじけずに夢をもち続けたこと」に加え、「挫折を何度も経験するうちに、その乗り越え方が自然に身に付いたこと」が大きかったと教えてくださいました。
 池田めぐみ先生は、2011年に競技からの引退を決意されましたが、今も夢をもち続けているそうです。その夢は、健康で楽しく笑顔で毎日を過ごすこと。「かつての『オリンピック出場!』のような大きな夢ではなく、自分の心がけひとつで毎日かなえることができる夢を今は大切にしています。」と語る池田先生。笑顔がひときわ輝いた瞬間でした。
 お忙しい中、遠くまで足を運んでいただいた池田めぐみ様をはじめ、準備や運営にご尽力をいただいたアシスタントの生方繁様とディレクターの山室亮太様に心より感謝申し上げます。

DSCN0383-1.jpg

DSCN1092-1.jpg

DSCN0394-1.jpg

DSCN0409-1.jpg

DSCN0440-1.jpg

DSCN0497-1.jpg

DSCN1170-1.jpg

posted by 大熊中 at 13:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

第7回食育指導

 先日行われた第7回目の食育指導では、お箸の持ち方や使い方を中心としながら、食事のマナーについて学習しました。食事のマナーは、人と人とがお互いに気持ちよく食事をするために必要な作法です。養護教諭の木先生が教えてくれた「お・い・し・く・食・じ」を意識しながら、食事のマナーを向上させていきたいと思います。

DSCN0992-1.jpg

DSCN1002-1.jpg

DSCN1001-1.jpg
posted by 大熊中 at 13:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

ガイドランナーとして(スポーツ講演会)

 本日は、パラリンピックやパラ陸上世界選手権において、1500m、5000mの視覚障がいクラスやブラインドマラソンに出場する選手の伴走者(ガイドランナー)として活躍する池澤暁(いけざわさとし)様を講師に招いて、スポーツ講演会を開催しました。生徒一人一人が、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへの興味関心を高め、スポーツの素晴らしさや夢をもつことの大切さを再確認してほしいという願いを込めて開催したものです。
 ガイドランナーに求められるのは、パートナーの可能性を最大限に引き出すための「走力」「技術」「戦略」「安全性」と、選手をガイドする自分自身を強くするための「トレーニング」だそうです。
 「街には点字ブロックがあります。でも本当に必要なのは、目の不自由な方に声をかけて一緒に歩ける勇気をもつこと。点字ブロックのその先にある大切なことに、2020年の東京パラリンピックを通して気づいてくれたら・・・。」という池澤先生の言葉が印象に残りました。
 講演会は16時前に終了しましたが、池澤先生は、隣接する会津大学短期大学部の400mトラックでトレーニングをしてから、千葉県にお帰りになるそうです。選手を支える池澤先生のアスリートとしての生き方や考え方に、心が熱く、そして、温かくなりました。

DSCN0305-1.jpg
世界大会での銅メダルを披露していただきました。メダルの重さをかみしめております。

image2-1.png
ブラインドマラソンについて分かりやすく教えていただきました。

image1-1.jpg
実際にアイマスクをつけて、役割を交代しながら選手とガイドランナーの立場で歩いてみることにより、生徒は互いを信頼することの意味を感じ取った様子でした。

image0-1.jpg
パートナーを安心させるための言葉をかけることにより、よりよい信頼関係が築かれていきます。

DSCN0346-1.jpg
講演後の記念撮影です。前列右から3人目が池澤先生です。
posted by 大熊中 at 17:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

礼に始まり、礼に終わる。

本校では、2年生が保健体育科の武道の単元で剣道に取り組んでいます。剣道の授業では、学校評議員でもある午來様を講師にお招きして、基本の動作や基本の技について学習しています。多目的室から聞こえてくる威勢のよいかけ声が心地よく感じられます。構えや足さばきなど、回を重ねるごとに上達している様子が伺えます。ピンと張りつめた緊張感と凛とした生徒の雰囲気が、「礼に始まり、礼に終わる」という言葉を表しているようです。

DSCN0930-1.jpg

DSCN0933-1.jpg

DSCN0936-1.jpg

DSCN0941-1.jpg
posted by 大熊中 at 14:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

学校だより「樅の木立ち」第15号

皆さん、おはようございます。学校だよりを本日付けで発行いたします。ご覧いただければ幸いです。

学校だより「樅の木立ち」web版(15).pdf
posted by 大熊中 at 09:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

ヤングアメリカンズ JAPAN TOUR 2019 AKI

 今年もヤングアメリカンズによる大熊町ファミリーワークショップが開催されました。熊町小学校、大野小学校、大熊中学校の児童生徒や卒業生、保護者や教職員、会津若松市からの参加者、総勢約50名が、2日間にわたって歌やダンスのレッスンに励み、互いに信頼を深め、心をひとつにしました。
 2日目の最後には、ヤングアメリカンズと共に創り上げた素晴らしいショーを披露しました。ショーの終了後には、ハイタッチでお互いを讃え合うなど、参加者全員が大きな達成感に包まれました。お忙しい中、応援にかけつけてくださったご来賓の皆様、ご家族の皆様、地域の皆様に心より感謝申し上げます。

DSCN0304-1.jpg

DSCN0289-1.jpg

DSCN0583-1.jpg

DSCN0050-1.jpg

DSCN0613-1.jpg

DSCN0441-1.jpg

DSCN0591-1.jpg

DSCN0902-1.jpg

DSCN0901-1.jpg
posted by 大熊中 at 16:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする